【M1対応】MacでWindows を動かすならコレ!

今回は、MacでWindowsを動かせるソフト【Parallels Desktop】をご紹介します。




ポイント

Point

・Intel Mac と Apple M1 Mac 両方で Windows が使える。
・Windows アプリケーションを Mac 上で動作させることができる。
・MacとWindows間でコンテンツをシームレスに移動・共有
・再起動せずにMacでWindowsを実行可能。

 

M1 Macシリーズでも対応!

今まで、Intel Mac では、Apple純正ソフト「Boot Camp」でWindowsを導入できましたが、 最近発売された「M1」Macシリーズでは、非対応となりました。そこで、【Parallels Desktop】を導入するだけで簡単にWindowsを使えるようになります。


Mac上で、Windowsが動かせる

「Boot Camp」では、再起動が必要でしたが、【Parallels Desktop】ではMacを開いたままWindowsを実行できます。

image:Parallels

コンテンツをシームレスに移動

ドラック&ドロップで、Mac・Windows でコンテンツをシームレスに移動できます。

WindowsアプリケーションをMacで動作

Macでは、使えないソフトも【Parallels Desktop】を使えば動かすことができます。

価格・プラン・詳細

比較
製品

エディション Standard Edition Pro Edition Business Edition
Mac OS 最適化済み
最新バージョンに 無償アップグレード サブスクリプションのみ
24時間のサポート サブスクリプションのみ
価格 8,345円 9,818円/年 9,818円/年

公式サイトより、一部抜粋(価格:投稿時)

購入、無料トライアル

購入、無料トライアルはこちら↓


まとめ

Macで作業しながらWindowsが使えるのは、とても便利だと思いました。「Boot Camp」を使っていた時は、いちいち再起動しないとWindowsが使えなく、Macで作業しながらWindowsが使えなかったので、【Parallels Desktop】あれば作業効率が上がると思いました。

オススメ記事

【23.8インチ】厳選したおすすめモニター7選。テレワーク、ゲーム、サブモニターなどに。

【2022年】iPadシリーズおすすめアクセサリー、周辺機器まとめ iPad/mini/Air/Pro

【USB PD対応】USB-C充電器、ケーブルおすすめ7選

【Anker】モバイルバッテリー オススメ5選、ポータブル電源オススメ2選 紹介!

 




コメントを残す