【NordVPN】VPNってどういう時に使えばいいの?

今回は、安全にインターネットに接続できるVPNサービス 「NordVPN」をご紹介します。

image:NordVPN

そもそもVPNとは?

VPNは、「Virtual Private Network」(バーチャル プライベート ネットワーク)の略で簡単に説明すると、暗号化されたトンネルを経由することで情報漏洩などのリスクを最小限にすることができます。


NordVPNさんのチャンネルにもVPNについて解説されていました。

どんな時にVPNを使えばいいの?

image:NordVPN

 

こんな時にオススメ

・仕事

・旅行先

・フリー Wi-Fi / 公衆 Wi-Fi

・海外のサービスを使用したい時



仕事や旅行先

仕事や旅行先でインターネットを使用する場合にはVPNをオススメします。仕事で情報が流出するリスクを最小限にすることが出来ます。また旅行先、特には海外でインターネットを使用する場合に注意が必要です。

フリーWi-Fi / 公衆のWi-Fi

フリーWi-Fiや公衆のWi-Fiには注意が必要です。フリーWi-Fiで大事なやりとりや仕事などのやりとりをする場合、VPNを使用することを特にオススメします。お店やホテルなどのWi-Fiは、通信の内容を傍受される場合があります。同じWi-Fiに接続している悪意を持った第三者が端末にウイルスを感染させたり、偽サイトに誘導させられたりする可能性があります。そのためVPNを使って通信を暗号化することでこのようなこを防ぐことが可能です。

海外のサービスを使用したい場合

海外のサービスを使用したい場合にもVPNをオススメできます。VPNは、通信の暗号化以外にも使用するVPNサーバーを変更することができます。例えば、現在日本からアメリカのサイトを見たいとする。アメリカのサイトは、アメリカにいる人しか見れない場合VPNのサーバーをアメリカに変更することで、地域限定のコンテンツを見ることできます。なので、海外に住んでいて日本のコンテンツを見たい時にVPNのサーバーを変更することで、その地域からアクセスしていることになるので海外のサービスを使用したい場合にもオススメできます。(一部VPNを使用していても地域限定コンテンツにアクセスできないことがあります。)

NordVPN

image:NordVPN

NordVPNの特徴

・VPNサービスの中でもサーバー数がとても多い

・VPN接続時でも通信が安定している

・複数のデバイスで対応している

・24時間365日のサポート

・業界トップクラスのセキュリティ



VPNサーバーがとても多い

image:NordVPN

NordVPNは、世界59カ国にサーバーを置いており、サーバー数は5486台以上あります。日本国内でも80台以上のサーバーが稼働しています。

VPNでインターネットを使用しても接続が安定している

サーバー数が多いことから、自分が住んでいる地域に最も近いサーバーを選ぶことで通信速度が向上し、快適にインターネットを利用することが可能です。

複数のデバイスでサポート

image:NordVPN

NordVPNは複数のデバイスに対応しておりスマートフォンやタブレット、PCでも安全にインターネットを使用できます。

対応デバイス

・Windows

・Mac

・iOS

・Android

・Linux

など・・・

さらに、1つのアカウントで6デバイスまで保護することが可能なので、家族で使う分にも十分カバーできると思います。

サポートが充実!

メールやチャットで分からないことがあればすぐに聞けることができます。さらに24時間365日対応していることもあり、安心して使用できます。

業界トップクラスのセキュリティ

AES(高度暗号化標準)を使用した次世代の暗号化の技術により、より安全にインターネットを使用できます。そして他の企業からも称賛されています。

価格

プランは、1ヶ月・1年・2年の3つのプランがあります。(2021年5月31日現在)

プラン
1ヶ月 1,256円〜
1年間 7,253円〜
2年間 12,337円〜



まとめ

VPNは、外出先や旅行先でも安心してインターネット使用できるサービスです。VPNは、たくさんの種類がありますが、その中でもNordVPNは、サーバー数も多く通信速度も安定していることからVPNサービスで迷ったらコレだと思いました。

リンク

NordVPN

 

コメントを残す