iPodTouch 在庫限りで販売終了へ Apple、「音楽は生き続けます」

2022年5月10日にApple公式サイトのNewsroomで在庫がなくなり次第iPodTouchの販売終了することを発表しました。




image:Apple
現在販売中の第7世代iPodTouch。在庫がなくなり次第終了。

iPodの歴史

初代iPod

2001年に発表された初代のiPodは、1000曲入れることができ、10時間持続するバッテリを搭載したMP3プレーヤーでした。

image:Apple
iPod初代

iPodmini

2004年に発表されたiPod miniは、カラフルになり、重さが102gと軽量

image:Apple
iPodmini

iPodnano

2006年に発表されたiPod nanoは、薄型デザイン、明るいカラーディスプレイ、6つのカラー。曲は最大2000曲が入り、バッテリーは最大24時間。

image:Apple
iPodnano

初代iPodTouch

2007年に発表された初代のiPodTouch。iPhoneをヒットさせた複数の指で画面操作を行うMulti-Touchインターフェイスを搭載し、画面は3.5インチのワイドスクリーンディスプレイが搭載されました。

image:Apple
初代iPodTouch

iPodnano(第7世代)

2012年に発表さらたiPod nano(第7世代)は、まるで小さくしたiPodTouchのようなデザイン。厚さがわずか5.4mmでこれまで最も薄いiPod、2.5インチのMulti-Touchディスプレイを搭載しました。

image:Apple
iiPod nano(第7世代)

iPodshuffle(第4世代)

2015年に発表されたiPod shuffle(第4世代)は、なめらかなデザインで最大15時間のバッテリーを搭載。ストレージは2GB。曲名、プレイリスト名、バッテリーの状況を教えてくれるVoiceOverボタンを搭載。

image:Apple
iPod shuffle(第4世代)

iPodTouch(第7世代)

そして2019年に発表された最新のiPodTouch(第7世代)は、A10 Fusionチップを搭載し、拡張現実体験やFaceTimeが可能になった。最大ストレージは256GB。性能が一般的なスマートフォンの同じになった。

image:Apple
iPodTouch(第7世代)

現在販売中のiPodTouch

image:Apple

現在販売中(在庫がなくなり次第終了)のiPodTouch第7世代。A10 Fusionチップを搭載で2016年に販売したiPhone7と同じチップだ。容量は、32GB、128GB、256GB。カラーは、スペースグレイ、シルバー、ピンク、ブルー、ゴールド、(PRODUCT)REDの6種類。価格は、23,980円(税込)から。

まとめ

僕も、iPhoneを使う前はiPodTouchの第7世代を使っていました。iPodTouchには今のiPhoneにはない3.5mmのイヤホンジャックが付いています。僕は、Shureのイヤホンを有線で接続して高音質でよく音楽を聴いていました。このニュースが発表された時は、少し悲しかったですが今はiPhoneで音楽や映像など何でもできるようになったのでiPodの需要が減少したのかと思いました。一時は、次のiPodTouchのリーク情報が出ていました。

リンク

Newsroom
iPodTouch

 

オススメ記事

【2022年】iPadシリーズおすすめアクセサリー、周辺機器まとめ iPad/mini/Air/Pro

【Anker】モバイルバッテリー オススメ5選、ポータブル電源オススメ2選 紹介!




コメントを残す