【新生活】家のスマートホーム化にオススメ SwitchBot

今回は、家のスマートホーム化にオススメの「SwitchBot」製品を紹介します。

ほとんどのスマートスピーカーに対応

image:SwitchBot

Amazon Alexa、Googleアシスタント、Apple Siri、LINE Clova などのほとんどのスマートスピーカに対応しているためSwitchBotと連携がしやすいです。

 

連携には、ハブが必要

SwitchBot製品とスマートスピーカーを連携させるには、ハブが必要になります。(一部製品を除く)

image:SwitchBot

SwitchBot ハブミニ で出来ること

リモコンの登録

SwitchBot ハブミニ では、テレビのリモコンやエアコンのリモコンなどをハブミニに登録することによってアプリや音声で家電を操作することができます。

image:SwitchBot

遠隔操作

外出先に部屋の電気を消し忘れた際に、アプリを使って電気を消すことができます。また、帰宅前に、アプリからエアコンをつけておき、部屋を快適な状態にすることが出来ます。SwitchBot屋内カメラと連携すれば、外出先から室内の様子を確認することもできます。

image:SwitchBot

SwitchBot のオススメ製品

SwitchBotボット




SwitchBot ボット を使えば、スマートホームに対応していない家電でも、これを使うことでアプリや音声で操作することができます。お風呂のボタンや電気のボタンなどに使えると思います。

image:SwitchBot

SwitchBot温湿度計




SwitchBot温湿度計を使うと、アプリから室内の温度・湿度を確認することができ、室内が特定の温度になったらエアコンをつける、特定の湿度になったら加湿器をつけることなどができるようになります。また、アプリでは特定の温度になると通知が届きます。

image:SwitchBot

SwitchBotスマート加湿器




SwitchBotスマート加湿器は、先程紹介した「SwitchBot温湿度計」と連携することができる加湿器です。例えば、湿度が50%を下回るとSwitchBotスマート加湿器をONにすることができます。この加湿器は3.5L、最大48時間連続運転が可能です。

image:SwitchBot

SwitchBot屋内カメラ




SwitchBot屋内カメラを使うと、外出先からペットや子供の映像を見ることができます。スマホでカメラと音声会話することもできます。Amazon Echo Show シリーズでは、EchoShowの画面からSwitchBot屋内カメラの映像を確認することが出来ます。

image:SwitchBot
image:SwitchBot

 

 

 

 

 

 

 

アラート通知機能では、動作を検出しアラート通知が届きます。移動検出機能は、不審者が侵入した際に、お知らせしてくれます。6つの赤外線LEDライトを搭載しているので、光が少ない場所や夜でもはっきりと見ることができます。

SwitchBot公式ストア

SwitchBot公式ストアはこちら↓



 

リンク

「スマートホーム」のベストセラー【SwitchBot公式サイト】



コメントを残す